医工連携参入促進セミナー(介護ロボット研究会)3/4 終了しました

くまもと医工連携推進ネットワークでは、県内企業の医療・介護・福祉分野への新規参入、製品開発、販路開拓へ繋げるためのセミナーを開催しました。

第一部では企業内ベンチャーから新規事業としてロボットスーツを開発された経験を活かし、現在、奈良女子大学の客員講師や事業構想大学の講師も務められている㈱ATOUN創業者の藤本弘道様に新事業創出における課題やものづくりに必要な考え方などについてお話いただきました。

また第二部では熊本県内企業の医療・介護に関する製品開発事例として、開発までの経緯、課題等を交えた具体的取組みをご紹介頂きました。

医工連携参入促進セミナー(介護ロボット研究会)

開催日:3月4日(金)15:00~16:50

参加人数:36名

セミナー形式:オンライン(ZOOM)

第一部 作業負担を軽減するアシストスーツの開発

国立大学法人奈良女子大学 客員教授/株式会社ATOUN(あとうん)創業者    藤本 弘道 氏

㈱ATOUN ➡ https://atoun.co.jp/

第二部 熊本県内企業の開発事例紹介

  1. 新型コロナ対応 外付け型換気制御システムの開発       ㈱フュージョンテク https://www.fusiontech.co.jp/
  1. 薬局ピッキング監査システムの開発              ㈱ワイズ・リーディング https://www.ysreading.co.jp/